交通事故を起こしてしまった場合、【民事】【刑事】【行政】の3つの責任が発生します。
今回は、【民事】の責任について書いていきます。

 

 

民事上の責任とは、交通事故を起こしてしまった場合に被害者に与えた損害を賠償しなくてはならない責任です。
人身事故の場合、自動車損害賠償保障法(通称【自賠法】)の支払基準に基づいて責任が発生します。
被害者に賠償しなければならないものには以下のものが挙げられます。
①怪我をした場合の治療費、また病院に行くための交通費などの【積極損害】
・診察、手術、入院などの治療関係費や、事故による請求に関して必要な書類などの文書料などがあります。

 

 

②被害者が事故にあったことによって、得るはずだった収入を得られなくなったなどの【休業損害】
・支払基準は「休業による収入の減少があった場合や有給休暇を使用した場合に、一日につき原則として5,700円」となります。

 

 

③事故による精神的苦痛などに対する【慰謝料】

・支払基準は「慰謝料の対象となる日数を算出して、一日につき4,200円」

以上のようになります。

 

 

交通事故は誰でも起こしてしまう可能性があるものです。
支払も大きくなってしまいますし、自分だけは大丈夫とは思わず、自賠責保険などを利用するようにしましょう。