休業損害となるもの

| 未分類 |

交通事故を起こしてしまった場合、加害者は被害者に対して、さまざまな支払いをしなければなりません。この場合、どこまで支払わなければならないのかを理解しておくことが大切です。治療費や精神的な損害、いわゆる慰謝料を支払うことについては議論の必要がありませんが、治療費や慰謝料以外にも支払うものは多々あるのです。

 

 

特に、被害者が企業勤めなどで仕事をしている場合で、交通事故で負傷してしまったことによって、仕事を休まなければならなくなった時には、休業損害を支払うことになります。休業損害については、どこまでが含まれるのかを確認しなければなりません。交通事故が原因であるからといって、何でも加害者に請求することができるわけではないのです。

 

 

基本的に、休まなければならない期間の給料については、加害者が支払うことになります。過去の交通事故の事例などと照らし合わせて、休業損害日額を計算して、所定の金額を支払います。被害者の仕事内容や収入によっても、休業損害日額は変化するため、詳細な計算をする必要があります。

 

 

休業損害日額などで支払う部分は、任意保険によってカバーされることが多いので、保険会社の担当者とも相談することが大切です。