交通事故の加害者になった場合には、様々な責任を負います。

 

大きく分けると、刑事上の責任、民事上の責任、行政上の責任の3つに分けることができます。車の運転によって人を死傷させるような事故を起こしてしまったわけですから、かなり重いペナルティが課せられるようになっているのは、ある意味で当然のことだと言えますが、多くの加害者が一番不安を感じるのは刑事上の責任です。民事上の責任を追及されて高額の損害賠償金を支払うハメになるケースも少なくありませんが、実際には加入している任意保険でカバーされてしまうことが多いので、あまり深刻に悩まない人も結構います。

 

しかし、刑事上の責任の場合には、前科がつくことになりますし、場合によっては刑務所に収監されることになりますので、かなりのダメージを受けます。刑事上の責任とは、刑法や道路交通法などに基づく責任のことを指します。

 

典型的な罪としては、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪などをあげることができます。それぞれの罪の犯罪構成要件に該当する行為によって被害が生じた場合には、懲役もしくは禁錮または罰金の刑罰に処せられます。特に犯罪態様が悪質である危険運転致死傷罪に該当すると認められた場合には、かなり重い刑罰に処せられることになっています。