» 未分類のブログ記事

後遺症がある場合

| 未分類 |

交通事故の発生件数は年々減少しているといわれていますが、現在でもなお交通事故によって大きな後遺症を負ってしまう人が少なくありません。

 

とりわけ、後遺症に悩まされている場合には、仕事などに復帰することができないケースもあるために、保険制度奈を利用してしっかりと生計を立てることができるように、配慮をすることが望まれています。また、交通事故の当事者の配偶者などによる介護料の算定については、ここ数年の間で大きな話題となっており、逸失利益の割合などに従って納得のゆくまで話し合いを行う事が求められています。

 

また、慰謝料の計算の方法については、交通事故における非常に重要なポイントとしてとらえられており、保険会社を間に挟んで積極的に交渉を行う事が欠かせません。

フルーツ01

また、素人が対応をすることによって、重大なポイントを逃すことがあるために、代理人弁護士などに対応を依頼することも良いとされています。交通事故の際の金銭トラブルは年々増え続けているといわれており、法律関係の専門職の働きぶりに大勢の人々からの期待が寄せられています。これからもいざという時の対応について積極的に検討をする人がさらに増えてゆくことが見込まれています。

休業損害となるもの

| 未分類 |

交通事故を起こしてしまった場合、加害者は被害者に対して、さまざまな支払いをしなければなりません。この場合、どこまで支払わなければならないのかを理解しておくことが大切です。治療費や精神的な損害、いわゆる慰謝料を支払うことについては議論の必要がありませんが、治療費や慰謝料以外にも支払うものは多々あるのです。

 

 

特に、被害者が企業勤めなどで仕事をしている場合で、交通事故で負傷してしまったことによって、仕事を休まなければならなくなった時には、休業損害を支払うことになります。休業損害については、どこまでが含まれるのかを確認しなければなりません。交通事故が原因であるからといって、何でも加害者に請求することができるわけではないのです。

 

 

基本的に、休まなければならない期間の給料については、加害者が支払うことになります。過去の交通事故の事例などと照らし合わせて、休業損害日額を計算して、所定の金額を支払います。被害者の仕事内容や収入によっても、休業損害日額は変化するため、詳細な計算をする必要があります。

 

 

休業損害日額などで支払う部分は、任意保険によってカバーされることが多いので、保険会社の担当者とも相談することが大切です。

交通事故を起こした場合、3つの責任を負うことになります。

 

刑事責任の場合、人身事故を起こしたのならば相手が死んでしまうと自動車運転過失致死傷罪に科せられ、懲役・禁固7年以下あるいは100万円以下の罰金に科せられます。

ピーマン02

次に、行政責任とは公安委員会(行政庁)が行い、刑罰とは関係ありませんが免許停止、取り消し処分の事を言います。

 

これらの処分を受けた事が理由で刑罰の量刑は影響を及ぼしません。又、逆にどれほどの刑罰を受けたという点に関して、行政処分に影響を及ぼす事もありません。行政処分は点数制であり、事故の有無には関係なく道路交通法違反によって点数が加点され、それが一定値になった場合上記の処分が科せられるのです。

 

次に3つ目の民事責任について、民事責任とは民法又は自動車損害賠償法に基づく責任で被害者に対する加害者の賠償責任の事を言います。行政罰又は刑罰とは異なり独立する責任なので、行政責任又は刑事責任を果たしたからといって逃れられる部類のものではありません。

 

が、全く影響されないということでもなく、民事上の示談が成立することで執行猶予がつくなどのケースがあります。示談は原則やり直しが聞かないので、慎重な判断が必要でしょう。

交通事故の加害者になった場合には、様々な責任を負います。

 

大きく分けると、刑事上の責任、民事上の責任、行政上の責任の3つに分けることができます。車の運転によって人を死傷させるような事故を起こしてしまったわけですから、かなり重いペナルティが課せられるようになっているのは、ある意味で当然のことだと言えますが、多くの加害者が一番不安を感じるのは刑事上の責任です。民事上の責任を追及されて高額の損害賠償金を支払うハメになるケースも少なくありませんが、実際には加入している任意保険でカバーされてしまうことが多いので、あまり深刻に悩まない人も結構います。

 

しかし、刑事上の責任の場合には、前科がつくことになりますし、場合によっては刑務所に収監されることになりますので、かなりのダメージを受けます。刑事上の責任とは、刑法や道路交通法などに基づく責任のことを指します。

 

典型的な罪としては、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪などをあげることができます。それぞれの罪の犯罪構成要件に該当する行為によって被害が生じた場合には、懲役もしくは禁錮または罰金の刑罰に処せられます。特に犯罪態様が悪質である危険運転致死傷罪に該当すると認められた場合には、かなり重い刑罰に処せられることになっています。

逸失利益の考え方

| 未分類 |

交通事故の民事上の責任については事故による症状が明らかにされた場合、本来得る事が出来るはずの給与や収入などは逸失利益として損害賠償請求の範疇に入ります。逸失利益の損害の考え方としては大きく分けて差額説と労働能力喪失説があります。

 

差額説は本来損害や加害行為が無かったとしてあるべき利益の状態と加害行為がなされた現在の利益状況の差を考えます。労働能力喪失説は労働能力喪失期間を損害として現実に収入が失われたどうかは喪失した労働能力の評価を行う為の資料だけであると言う考え方です。

 

現在の裁判実務では逸失利益を算定する場合に減収があったかどうかや昇進や昇給、業務に不利益が生じたかどうか、被害者が後遺症に耐えながら勤務をしているのかどうかなど多くの事案を考慮に入れながら行われます。逸失利益は年間収入額や年相当額に該当等級の労働能力喪失率と後遺障害確定時の年齢の就労可能年数であるライブニッツ係数を乗じた算出額となっています。

 

有職者の場合、事故前の1年間の収入額と後遺障害確定時の年齢に対する年齢別平均給与の年相当額のいずれか高い方を収入額とします。幼児や学生などの場合は全年齢平均給与額の年相当額としています。ただし、58歳以上の人では年齢別平均額が全年齢平均給与額を下回る場合には年平均給与額の年相当額になります。

ピーマン01

積極損害となるもの

| 未分類 |

交通事故の内の死亡事故については、積極損害が認められます。認められるのは、財産的なものと精神的なものの2つに分けることが出来ます。人身事故の場合には死亡事故だけでなく、傷害事故の場合でも認められます。

 
また、死亡事故であったとしても、即死ではない場合、医師の診察や治療、手術などを受ける場合があります。この際の治療関係費に関しては、賠償請求することが可能です。

 

入院が必要となった場合には、それも請求の対象となりますし、入院をするための様々な雑費に関しても一定の範囲内ではありますが、請求することが認めラ得ています。

 
死亡事故による賠償請求を行うという場合には、様々な資料を取り寄せる必要がありますし、文書を作成する必要が出てくることも考えられます。弁護士費用に関しては、一定の範囲内であれば、請求することが可能です。そして、各種文書を作成する際に掛かる費用も「文書費」として請求することが出来ます。

 
死亡事故の際の葬儀費用に関しては、請求することが可能です。多少の違いはありますが、150万円前後が葬儀費用として認められています。
分からないことや不安に思うようなことがあれば、法の専門家である弁護士に相談するようにしましょう。

交通事故を起こしてしまった場合、【民事】【刑事】【行政】の3つの責任が発生します。
今回は、【民事】の責任について書いていきます。

 

 

民事上の責任とは、交通事故を起こしてしまった場合に被害者に与えた損害を賠償しなくてはならない責任です。
人身事故の場合、自動車損害賠償保障法(通称【自賠法】)の支払基準に基づいて責任が発生します。
被害者に賠償しなければならないものには以下のものが挙げられます。
①怪我をした場合の治療費、また病院に行くための交通費などの【積極損害】
・診察、手術、入院などの治療関係費や、事故による請求に関して必要な書類などの文書料などがあります。

 

 

②被害者が事故にあったことによって、得るはずだった収入を得られなくなったなどの【休業損害】
・支払基準は「休業による収入の減少があった場合や有給休暇を使用した場合に、一日につき原則として5,700円」となります。

 

 

③事故による精神的苦痛などに対する【慰謝料】

・支払基準は「慰謝料の対象となる日数を算出して、一日につき4,200円」

以上のようになります。

 

 

交通事故は誰でも起こしてしまう可能性があるものです。
支払も大きくなってしまいますし、自分だけは大丈夫とは思わず、自賠責保険などを利用するようにしましょう。

警察庁交通局の発表によると、平成25年に発生した交通事故の件数は約67万件でした。

ドリンク03

いまや交通事故は身近に存在し、誰しもが加害者になってしまいかねない状況です。法律上、わざと交通事故を起こした場合に限らず、不注意で交通事故を起こした場合にも責任を問われます。通常、不法行為責任では被害者が加害者の不注意(過失)を立証しなければなりませんが、自賠法が適用される場合、被害者保護の観点から、立証責任が転換され、加害者が十分に注意していたことを立証しなければなりません。

 

もし立証が不十分となってしまうと、通常の場合と異なり、加害者が責任を負うことになるのです。損害賠償責任を負う範囲としては、傷害の治療費、慰謝料、修理代、後遺症による逸失利益等、事故が起きたために生じたものであり、かつ、その規模で事故が起きたら通常生じる損害のすべてです。

 

見ず知らずの者同士による交通事故において、予見可能性を必要とする特別損害を請求できる場合はほとんどありません。

 

損害額を算定後、当事者の過失割合に応じて、支払額が決定されます。これを過失相殺といいます。もっとも、あらゆる場合において、責任を問われうるわけではありません。交通ルールを遵守していたにもかかわらず、被害者や第三者の予測不能な行動によって事故が起きてしまった場合、信頼の原則が適用されて、責任を問われることはありません。

交通事故は様々な方法で分類することができますが大きくわけて人身または物損事故に分けることができます。

 

まず人身とは人の身体や生命を侵害する結果を生じさせる事故のことです。次に物損とは人の身体ではなく財産や物が侵害された時の事故を指します。また人身事故のなかでも傷害事故や死亡事故などに分けることができます。

 

傷害事故とは人の人体に対して傷害を与えるという結果を生じさせた事故のことを指します。財産的損害として治療費・入院費・通院費・弁護士費用などの積極損害や、休業損害などの消極損害の賠償請求が認められます。次に人の生命が奪われた場合の事故を死亡事故といいます。

ドリンク02

この場合も財産的損害である積極損害と消極損害のほかに葬儀に関係する費用の賠償請求も認められます。また精神的損害としての慰謝料の請求が認められるケースが多いです。物損の場合は修理費用などの財産的損害の賠償は認められますが、精神的損害賠償は原則として認められません。

 

交通事故は一度の不注意でたくさんの責任を負うことになります。それは金銭で解決できるものばかりではないため、被害者やその家族に対して一生謝罪していかなければなりません。そうならないためにも交通ルールはしっかりと守り余裕をもった安全運転を心がけることが大切です。